リュウキュウスガモ

リュウキュウスガモ

リュウキュウスガモは亜熱帯の海域で花を咲かせて実をつける多年生の被子植物(ひししょくぶつ)で、草丈(くさたけ)は30㎝ほどに成長します。水深数メートルまでのごく浅い砂地に生育します。砂の下10センチの深さで茎を横方向に広げ、茎にある節から細長い葉を伸ばします。秋から冬にかけて小さな白い花を咲かせます。
リュウキュウスガモなどの海中に生える被子植物は、海藻と区別して海草(うみくさ)とよばれます。
沖縄では最もポピュラーな海草です。ウミガメやジュゴンのえさになります。

074

同じエリアのなかまたち