ヘラジカハナヤサイサンゴ

ヘラジカハナヤサイサンゴ

ヘラジカハナヤサイサンゴは、サンゴ礁の斜面や外縁部など、波当たりが強い場所に生育するため、枝は太く頑丈です。高知県以南でみられ、大きいものでは群体の直径1m、高さ50㎝ほどに成長します。
枝は先端に向かって末広がりに幅広くなっており、すき間は深く、夜間には魚たちが寝床として利用します。また、枝の間にはサンゴガニ類やダルマハゼのなかまなどがすんでいます。
群体の色は緑、茶色、紫、ピンクなど、個体によって違いがあります。

078

同じエリアのなかまたち