アカマツカサ

アカマツカサ

脊索動物門硬骨魚鋼キンメダイ目イットウダイ科

 

真っ赤な体色をしている魚はアカマツカサです。本州中部以南に分布しますが、特に奄美大島以南でよく見られ、20㎝ほどに成長します。
岩礁やサンゴ礁の浅海域に生息し、昼間は岩穴などに潜んでじっとしていますが、夜間は外に出て泳ぎ回ります。
大きくてかたい鱗(うろこ)を持った体表の様子が松かさに似ているため、この名がつきました。下あごが上あごより突き出ていることが特徴で、同じグループの魚と区別することができます。

053

同じエリアのなかまたち