タコクラゲ

タコクラゲ

刺胞動物門鉢虫鋼根口クラゲ目タコクラゲ科

タコクラゲは8月~10月ぐらいに多くみられるクラゲです。比較的大型で、丸い姿は人気があります。クラゲといえば「刺す」ことが気になりますが、このクラゲはあまり痛くありません。刺胞動物ですから、刺胞はありますが毒が弱く、痛みを感じない場合がほとんどです(人によっては痛みを感じる場合があります)。餌を与えれば食べますが、体内に共生藻を持っており、光合成によっても栄養をとることができます。そのため、自然海のタコクラゲは明るいところに集まり、水槽内でも光合成を助けるために強い照明を当てています。

DSC_6739

同じエリアのなかまたち