鹿児島湾鯨類【イルカ】調査

錦江湾のイルカ調査

 DSC_4186_t

1999年から、遠洋水産研究所 が企画し、鹿児島大学とかごしま水族館が協力して錦江湾鯨類調査が始まりました。現在もかごしま水族館では船やセスナ機を使ってイルカをさがし、錦江湾にいるイルカの種類 、頭数 、現れる場所、子供を生んでいるか、などの調査を行っています。

 

 調査方法

船とセスナ機を使った方法

2003~2011年まで年1回、錦江湾にいるイルカの数を調べるため、セスナ機と船3隻を使い調査を行いました。

セスナ_t

船を使った方法

1999~2002年遠水研の企画で鹿児島大学と当館の共同で調査を行いました。

2012年から現在まで船3隻を使い、ミナミハンドウイルカの個体識別や赤ちゃんイルカの確認、ハセイルカの移動などを目的に年間3~4回調査を行っています。また、2015年はこの湾全体の調査に加えて、船1隻を用いたミナミハンドウウイルカの調査を月に1度行っています。

DSC_4621_t

これまでの調査結果

①錦江湾のイルカの種類

これまでの調査で、3種類のイルカを確認しています。

ミナミハンドウイルカ

学名:Tursiops aduncus

英名:Indo-Pacific bottlenose dolphinミナミハンドウイルカ_t

<特徴>

錦江湾でもっともよくみられる種類のイルカです。当館でも飼育しているハンドウイルカにとてもよく似ていますが、ハンドウイルカよりも小柄で、くちばしが長いことや大人になるとおなか側に黒い斑点が出てくることで区別することができます。これまでミナミハンドウイルカはハンドウイルカと同じ種類とされていましたが、様々な研究から、別の種類とする考え方が一般的になりました。

 

ハセイルカ

学名:Delphinus capensis

英名:Long-beaked common dolphin

ハセイルカ

<特徴>

 くちばしが長く、体の横に美しいラインが入っているのが特徴です。錦江湾でも多い時には200300頭ぐらいの群れが見られます。このハセイルカはマイルカ Delphinus delphisによく似ていますが英名に“Long-beaked”と“Short- beaked”とつくように、ハセイルカはクチバシ((ふん))が長いのに対し、マイルカはクチバシが短い1ことで見分けることができます。ハセイルカはマイルカに比べ、より温かい海域を好むと言われています2

 古くから日本でもハセイルカの存在は知られていたようで、シーボルトがヨーロッパに送った報告3の中にハセイルカとよく似たイルカが描かれています。

ハンドウイルカ

学名:Tursiops truncatus

英名:bottlenose dolphin

ハンドウイルカ_t

<特徴>

全国の水族館などで最もよくみられるイルカで、錦江湾内では南の湾の入り口辺りで時々見ることができます。ミナミハンドウイルカにとてもよく似ていますが、大柄でくちばしが太短いのが特徴です。これまでの調査でハンドウイルカを発見できたのは2回だけで、錦江湾ではミナミハンドウイルカやハセイルカに比べると発見例の少ない種類です。

<錦江湾での生息域>

錦江湾3種分布

ミナミハンドウイルカは、湾の奥のほうを中心に岸の近くを泳いでいることが多いイルカです。そのため、国道10号や桜島など船に乗らずに岸沿いから観察することもできます。また、錦江湾では湾の中央部でよく見られ、離島に向かう高速船やフェリーなどからの発見が多いです。時々、湾の奥でも観察されることがあります。ハンドウイルカはこれまで、湾の入り口あたりでの観察しかありません。

  

②イルカの発見頭数

平成111999)年から平成132001)年にかけて行ったミナミハンドウイルカの調査では、2頭~50頭程度の群れが見られ、2030頭程度の群が一番多く確認されていて、群れの頭数の平均は約30頭でした。その後の調査においても60頭を超える群れは発見されていないので、錦江湾には60頭ほどのミナミハンドウイルカがいると考えられています。

セスナ機と船3隻を用いた調査

ハセイルカは発見頭数にはかなりばらつきがあり、平成162004)年から平成232011)年にかけて行ったセスナ機と船を使った調査では多いときで520頭、少ない時はまったく発見できませんでした。もしかするとハセイルカは錦江湾から出て外洋に行ったり、反対に外洋から湾内に入ってきたりしているのかもしれませんが、今のところ実態はよくわかっていません。20042011年のセスナ機と船で行った調査で見つかったイルカの頭数は、すべての種類をあわせると50559頭、平均で約237頭でした。数の増減はありますが、このように錦江湾にはたくさんのイルカがいることがわかります。

調査年月日

ミナミハンドウイルカ

ハセイルカ

ハンドウイルカ

種不明イルカ

全体

2004211

135

7520

 

14

9559

2005129

248

2220

 

 

4268

20051121

238

2170

 

 

4群208

2006年 121

15

1150

 

 

2155

200836

345

3280

 

 

6324

2009311

212

270

1100

 

5182

201035

 

3320

 

 

3320

2010922

240

130

 

 

370

2011929

250

 

 

 

250

 

3隻を用いた調査

 以下は2012年から行っている、錦江湾を湾口・湾央・湾奥の3区に分け3隻の船でおこなっている調査の結果です。この調査ではミナミハンドウイルカが1~40頭の群れで(平均16頭)ハセイルカは15150頭の群れで(平均50.8頭)発見されています。また、ハンドウイルカも1度だけ発見されています。セスナ機を用いていた時の調査よりもイルカの発見頭数が少なくなっているのは、セスナ機による上空からの観察がなくなっていることが影響していると考えられます。このことから錦江湾内のイルカの数が減っているわけではないと考えています。

 

調査年月日

ミナミハンドウイルカ

ハセイルカ

ハンドウイルカ

種不明イルカ

全体

2012810

221

 

 

 

221

20121116

336

 

120

 

456

2013214

245

140

 

 

4群85

2013530

125

230

 

 

355

2013827

110

 

 

 

110

2013115日(参)

17

1150

 

 

2157

2014124

125

 

 

 

125

2014513

260

285

 

 

4145

2014107

140

 

 

 

140

201523

12

2135

 

 

3137

2015年7月7

140

 

140

2016年1月12

250

 

250