ハクセンシオマネキ

ハクセンシオマネキ

陸地部分の上の段にはハクセンシオマネキがくらしています。
ハクセンシオマネキは、伊勢湾から九州、韓国に分布し、甲羅(こうら)の幅が1.5㎝ほどのカニです。内湾にある干潟で砂に穴を掘って生活し、砂の中の微生物や栄養分をこし取って食べます。
オスは片方のハサミが大きく、ハサミを振り動かすウェービングという行動を行います。白いハサミが上下に動く様子は遠くからでもよく見えます。ウェービングはメスに求愛する行動ですが、潮が引いた時におこなうこの様子が、潮を招いているように見えたのが名前の由来です。
かごしま水族館周辺でも、すぐ北に位置する稲荷川(いなりがわ)の河口や、対岸の桜島袴腰(はかまごし)海岸などで観察することができます。
ハクセンシオマネキがすむような干潟(ひがた)の環境は全国的に減少しており、2006年に改訂された環境省のレッドリストでは絶滅危惧II類(VU)とされています。

同じ水槽にいる生きもの