ナンヨウハギ

ナンヨウハギ

ナンヨウハギは青、黒、黄色の三色からなる体色が作り物の魚のように美しく、観賞魚としても人気の高い魚です。黒い模様は手で作ったOKサインのようにも見えます。
幼魚は流れの緩やかな環境にくらし、枝状(えだじょう?しじょう?)サンゴの周辺に群れていますが、危険を察するとサンゴのすき間にすばやく隠れます。
成魚になると潮通しの良い岩礁域(がんしょういき)へ生活の場を変えます。
雑食性で動物性の餌の他に、藻類(そうるい)などなんでもよく食べます。
高知県以南のサンゴ礁域に生息し、10㎝ほどに成長します。

同じ水槽にいる生きもの