イトヒキテンジクダイ

イトヒキテンジクダイ

青く輝く目の周りの色彩が印象的なイトヒキテンジクダイは、樹枝状サンゴのすき間で群れてくらしています。 繁殖のタイミングを迎えたオスとメスはペアになり、群れからやや離れて行動するのですぐに見分けることができます。メスはたくさんの卵をかたまりにして生みますが、オスが口の中にすばやく受け取り、ふ化するまでそのまま口の中で卵を守ります。 テンジクダイ科の中では、体色がネオンサインのように輝き、美しい色彩をしています。

同じ水槽にいる生きもの