ニセゴイシウツボ

ニセゴイシウツボ

白地の体に丸くて黒い斑紋が多数あるウツボはニセゴイシウツボです。岩やサンゴのすき間に体を入れて、顔だけ出していることがよくあります。この斑紋が碁石(ごいし)のように見えるためこの名前がつけられました。ウツボのなかまとしては非常に大型ですが、水槽の中ではおとなしい魚です。夜行性で夜になるとえさを探しに海底をうろつきます。歯は犬歯のように鋭く、カニなどの甲殻類やタコ、魚類などを食べています。


同じ水槽にいる生きもの