ジンベエザメ

ジンベエザメ

ジンベエザメは世界最大の魚で、成長すると全長20m、体重35トンにもなるといわれています。とても大きなサメですが、エビやカニなどのプランクトンを海水と一緒に吸い込むように食べるおとなしいサメです。
1995年に台湾で漁獲された母ザメの体内から、約300尾の胎仔が見つかったことから、ジンベエザメはあかちゃんを産む卵胎生(らんたいせい)であることが判明しました。


同じ水槽にいる生きもの