クマノミとイソギンチャク

茶色の体に白い縞模様(しまもよう)が目立つ魚はクマノミです。浅い岩場やサンゴ礁でサンゴイソギンチャクなどの大型のイソギンチャクと共生(きょうせい)しています。クマノミの中では最も北方にまで生息し、桜島周辺の浅瀬でも普通に見られます。
クマノミがすみ家としているサンゴイソギンチャクは桜島周辺で大きな群生地を作っています。ゆらゆら揺れる触手(しょくしゅ)を除いた口盤(こうばん)の直径が20㎝から30㎝にもなる大型のサンゴイソギンチャクが海底を埋めつくす様子は壮観(そうかん)です。

同じ水槽にいる生きもの