キビナゴ

キビナゴ

キビナゴは銀色に光る体に青いラインが特徴的な10cmほどの小型の魚です。大きな群れをつくり回遊していますが、5月から6月の産卵期には海岸へ接近します。
鹿児島県では県の魚に指定され、郷土料理の食材としても知られていますが、非常に弱い魚で鱗(うろこ)がはがれやすく、採集や輸送が難しい魚でもあります。
現在展示しているキビナゴは南さつま市笠沙(かささ)町の定置網で採集したものです。

同じ水槽にいる生きもの