4・5Fアオリイカ水槽

アオリイカ水槽の様子

鹿児島県本土周辺ではアオリイカ、コウイカ、ケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカ、ソデイカなどさまざまな種類のイカが見られますが、錦江湾沿岸部にも一年中生息している身近な種類がアオリイカです。アオリイカは水イカともよばれ、味の良さから最高級のイカとして知られています。
オスは外套部(がいとうぶ)に点線模様があり、メスは斑点模様があることで、見分けることができます。繁殖期は春から夏の終わりごろまでで、そら豆のさやのような卵のうを海藻や沈木(ちんぼく)などに数十個産みつけます。約1か月でふ化し、1cm弱の小さな子イカが生まれます。子イカは小魚や動物プランクトンなどを捕えて食べ、成長していきます。寿命は約1年といわれ、産卵するとやがてその命を終えます。


この水槽にいる生きもの