2F花のような動物たち

花のような動物たちの様子

サンゴ礁の潮の流れの速い場所では、複雑な潮の流れを利用して、流れてくるプランクトンを食べる生きものたちが多くくらしています。この水槽では、潮通しのよい場所を好んでくらす生きものを展示しています。
カラフルな色をして水槽で揺れているのはソフトコーラルとよばれるサンゴのなかまです。イシサンゴのような硬い骨格は持ちませんが、骨片(こっぺん)とよばれる小さなとげのような骨を持っています。よく見ると、体の表面には小さなイソギンチャクのような形をしたポリプと呼ばれる部分がたくさんあります。ポリプには毒針(どくばり)を持った触手(しょくしゅ)があり、花のように開いて流れてくるプランクトンを捕まえます。
この水槽では壁のあちこちから海水を勢いよく出すことで、他の水槽よりも水の流れを複雑にして、ソフトコーラルなどの飼育に適した環境を作る工夫をしています。

この水槽にいる生きもの