アオウミガメ

アオウミガメ

脊索動物門爬虫綱カメ目ウミガメ科

熱帯から亜熱帯に広く生息し、甲羅の長さが100㎝ほどに成長します。子ガメの時期は浮遊しているクラゲやエビなど何でも食べますが、成長するにつれて草食性が強くなり、海草などを主に食べるようになります。
日本では、種子島以南の南西諸島や小笠原諸島が主な産卵地となっています。

アオウミガメ

同じエリアのなかまたち