モンガラカワハギ

モンガラカワハギ

濃紺の地色に、腹部の白く大きな水玉模様、背中の黄色の網目模様が特徴的なモンガラカワハギは、相模湾以南に分布し全長25㎝ほどに成長します。
強いあごの力と丈夫な歯でカニなどの甲殻類やウニ類などを噛み砕いて食べます。危険を感じた時は岩のすき間に入り込み、背びれと腹びれにある堅いとげを立てて突っ張り、引きずり出されないようにして身を守ります。夜も同様にして岩のすき間で眠ります。
1尾または2尾でなわばりを作ってくらしています。

080

同じエリアのなかまたち