ナガウニ

ナガウニ

ウニのなかまで棘(とげ)がクリーム色をしているのはナガウニです。棘と棘の間をよく見ると、紫色の管足(かんそく)が伸びているのがわかります。本州中部から九州にかけて分布し、殻の直径が4~5㎝ほどに成長します。
水族館外のイルカ水路にも多く見られ、タッチプールで展示するためにスタッフが潜って採集しています。一般に食用にはしません。

ナガウニ

同じエリアのなかまたち