デンキウナギ

デンキウナギ

デンキウナギは成長すると1.8mから2mほどになります。名前はウナギですが、分類学上では、ウナギよりナマズに近い魚です。
体の中に発電細胞という蓄電(ちくでん)できる特殊な細胞を約6000個持っており,獲物をしびれさせたり,敵から身を守ったりする時には最大650Vにもなる電圧で放電します。また、生息域の水はとてもにごっているため、10V以下の小さな電圧の放電で周囲の様子をレーダーのように探って生活しています。
時おり水面に口を出して空気呼吸をするため、酸素の少ない池やよどみでも生きていくことができます。

デンキウナギ