アカモンガニ

アカモンガニ

紀伊半島以南、伊豆諸島、ハワイなどに分布し、甲羅(こうら)の幅が15㎝ほどに成長します。
沿岸のサンゴ礁や岩場に生息し、日中は岩のすき間や穴の中に隠れていますが、夜になると活発に活動します。
甲羅は丸くなめらかで、名前の由来となる赤い斑紋が大小11個あるのが特徴です。
はさみ脚は片側が大きくなります。

007

同じエリアのなかまたち